背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび背中のにきび
 

にきび対策方法

思春期のころに悩まされていたニキビは、大人になってからもできることがあります。
若いうちはすぐに治ったものが、大人になるといつまでたってもなくならない
ということになり、更に悩まされている、という方も少なくないようです。

大人ニキビは治りにくい?ニキビと年齢の関係と対策

大人ニキビに悩む女性は、多くいます。
18歳から40歳の女性1,671人を対象に実施したアンケート調査では、
50.1%の女性が「大人ニキビに悩んでいる」と答えています。

また、20歳前後までの思春期のニキビは、額や鼻の周囲などにできやすいのですが、
大人ニキビは、口もとやあごの周辺、頬、首などにできやすく、思春期のニキビに比べて
治りにくいという特徴があります。

そして、発生原因と対策も異なります。
思春期のニキビは、ホルモンの働きが高まることによって起こる皮脂の過剰分泌であるので、
こまめな洗顔など、清潔を心がけることで予防できます。

しかし大人ニキビの発生原因は、化粧やストレス、ホルモンバランスの乱れ、
新陳代謝の悪化など、様々な要因が関係しています。

対策としては、毛穴づまりを除去し、ニキビの原因であるアクネ菌の増殖を抑えて、
炎症を鎮めることが重要となります。

具体的には、洗顔後の保湿や食事・睡眠といった生活の見直しなどですが、
症状が改善されない場合は、皮膚科を受診することが必要となります。

治りにくい大人ニキビのケア

特に、顔だけではなく背中や二の腕などの体中にニキビが出てくるため
全てのケアを十分にしていくというのは忙しい中大変なことですが、
簡単にでもできる限りのことはやはりやっておきたいものです。

背中にきび対策としては、よく洗うことがもっとも重要です。
毛穴に詰まった汚れが背中にきびの大きな原因だからです。

毛穴の汚れとは、汗であり、皮脂であり、体からの分泌物です。
これが毎日の入浴やケアでしっかりと取り除かれることで清潔な肌が保たれるのです。

ですが、ただでさえケアのしにくい背中。
汚れが取り切れていない場合があるのです。

毛穴の奥深くまで入り込んだ皮脂や汚れを取り除かなければなりませんので、
キメの細かな泡を作ってしっかりと洗うようにします。

その際、洗浄力が強過ぎると必要最低限の皮脂まで奪ってしまって
バリア機能が弱くなりますので、洗浄力の優しいもので洗うようにします。
背中は汗をかきやすいので、同時に皮脂も分泌されることが多くなります。

洗う

その結果、毛穴が詰まった状態が続いて雑菌の繁殖しやすい環境ができあがります。
それを解消するには、毛穴の奥深くまでクリーンにする必要があり、
常に清潔な状態に保つことで背中にきびは自然に改善され、
今度できないように予防にもなります。

潤い

仕上げは保湿ケアで行うことであり、適度な油分と水分、潤いが保たれればコンディションは向上します。
細胞の働きも活発になりますので、正常な周期でのターンオーバーが望めるようになり、
瑞々しい細胞もどんどん増えていきます。

 

Copyright (C) 背中のにきびをなんとかしたい